印鑑について知っていますか?会社のはんこの種類は!

印鑑にはいろいろな種類があります。個人で持つ場合には3つは必要です。3つあれば何かあっても大丈夫ですよ。1つは実印。もうひとつは銀行印。最後に認印。

実印とは住民登録をしている市区町村の役所や役場に印鑑登録の申請をして認められた印鑑のことです。実印を銀行の印鑑にしている人もいます。これは防犯上問題アリです。大切な資産を守るためには専用の銀行の印鑑を作りましょう。認印は宅配便が来たとき、回覧板のサイン変わりなどに利用します。家族みんなで共用するので、シャチハタでも十分ですね。

では、会社のはんこはどのような種類があるのでしょうか?まずは実印が必要です。実印はなんでもよいと思われている人もいるようですが、役職名と会社名を彫刻したものであれば、偽造されることはありません。次に銀行印。手形や小切手を振り出すときに使う印鑑です。役職員も必要です。その名の通り役職名が入っている印鑑です。会社内の文書などに使う役職印として、さまざまな場面に幅広く利用します。角印も必要です。形は四角です。四角形の中に会社名、団体名、屋号などを彫刻します。契約書・請求書・領収書などに用いますが、個人の認印に近い感覚のはんこですね。大きさの規定などはありませんが、一般的に21mm角、24mm角が多いようです。

お勧めサイトのご紹介