会社の印鑑選び!角印を買いに行こう!

会社で使用する印鑑の中に角印があります。これは会社印や社印とも呼ばれています。個人で使う認印と同じような感覚で使われている印鑑です。印鑑登録をする必要もありません。領収書や書類などに捺印するときに使われます。日常的な業務のときに主に使われるのです。ビジネスの文書でも社名の欄に押せば書類の信頼度がアップします。取引先が社名欄に印鑑を押すことを条件にしている場合もありますので、会社設立時には実印とともに前もって準備しておく必要があるでしょう。

印鑑には会社名を彫ります。会社名や団体名などの後に「~印」、「~之印」などの文字を入れます。彫り方は一般的に右から左、上から下に向かって社名、団体名を縦書きに彫ります。英語などが社名に入っている場合には、左から右、上から下に向かって縦書きで掘ることもあります。

会社の認印のような役割をする角印は頻繁に押すのであれば便利なほうが良いですよね。高級な印材を使う必要はありません。安くても良い寝室のものはあります。頻繁に使うものですから、使いやすいものを選びましょう。いちいち朱肉を利用するのが面倒だと思う場合には、インクが内蔵されたシャチハタのような印鑑もありますよ。

お勧めサイトのご紹介