会社の印鑑はゴム印を使ってもいいの?

会社設立時や個人事業主として開業したときに必要な印鑑といえば、実印・銀行印・角印です。会社の設立時には一つの印鑑があれば可能です。しかし、一つの印鑑に色々な役目が集中してしまうと、防犯上良くありません。一つの印鑑にリスクが集中することは危険ですから、多くの会社では役目において印鑑を使い分けているのです。

実用上では4種類の印鑑があれば完璧です。実印、銀行印、角印。ゴム印です。実印は代表印とも呼ばれ、法務局に届けを出して登録をすべき印鑑です。銀行印は法人口座の開設や、手形や小切手の振り出しに使うものです。角印は、見積書や請求書、領収書などの代表印を押すほどではないが、大切なものに押します。ゴム印は契約書の署名欄やなどに自筆でサインする代わりに使用できる印鑑です。本店所在地、電話・FAX番号、会社名、代表者名が彫られています。すべてが一緒になっているものもありますが、セパレート式になっているタイプのほうが使いやすいですよ。ただし、値段は少し高くなります。

実店舗を構えているはんこ屋さんでも会社の印鑑を購入することができますが、インターネット上にあるはんこ屋さんは種類が多いですし、価格が安いですのでおススメです。